ヨガを始めよう

最近、旦那さんがヨガに興味津々です。

もともと膝の調子があまり良くない彼、時々鈍痛に悩まされているようです。
そんな彼に「ヨガでもしてみれば?」と勧めてくれたのが、会社の先輩。
その人はジムが主催しているヨガクラスを受けているそうで、ヨガをするようになってから
身体の調子がとても良くなったのだそうです。

『ヨガ』には姿勢や呼吸法を重視した「健康促進」を目的としたものから、
瞑想による精神統一を重視した「メンタル面への効果」を期待したもの、
さらに「ダイエット効果」を目的としたものまであるそうです。

ちなみに「ラジャヨガ(瞑想を通して心理状態のコントロールを図る)」
「カルマヨガ(奉仕精神を養う)」などヨガにはさまざまな種類がありますが、
現在もっとも主流となっているのが身体のバランスを整えるために行う「ハタヨガ」。

ハタの「ハ(HA)」は太陽を表し、「タ(TA)」は月を意味しているのだそうです。
「ハタ」とはつまり「陰陽」のことで、「対立しているものがそれぞれ違いを認め合い、
自然の摂理に逆らうことなく調和していく」という考え方が元になっているとか。

「精神と身体をもっとも安定した状態に近づけるため」に誕生したというヨガ、
その心理はなんとも奥が深いですねー。

わたしもヨガにはずっと興味があったので、もし旦那さんがやるならわたしも
チャレンジしてみたいな。
ふたりでやれば対抗意識で(笑)ひとりでやるよりうんと上達できそうだし、
何より先に止めたら悔しいから長続きしそう(負けず嫌いなわたし)。

安定した精神を手に入れられるだけでなく、あわよくばダイエット効果まで得られるなんて!
やっぱりヨガってすばらしいですね。
俄然やる気になってきました!

 

【ブックマークサイト】

ヘルシー志向

健康機器大手の「タニタ」が、同社の社員食堂と同じ味が楽しめるレストラン
「丸の内タニタ食堂」をオープンさせたそうですね。

そもそもベストセラーになったという同社のレシピ本愛読者から、「実際に食べてみたい」との
要望が殺到したことからレストランをオープンするにいたったのだとか。

ちなみにメニューは「日替わり定食」と「週替わり定食」の2種類があって、いずれも
500キロカロリー前後(しかも塩分は約3グラム)とローカロリー。
なのにお腹がいっぱいになるそうなので、これは絶対に食べてみる価値アリですね
(以前はあまりの人気ぶりに事前に整理券まで配ってたそうです。
今でも行列は覚悟した方が良さそうですね)。

それにしても、最近の日本はヘルシー志向の人がとても増えてますねー。
ヘルシーな食べ物に限らず、ヘルシーなお茶まであるし。
やっぱりみなさん、成人病などを心配されてるんでしょうか。

わたしの率直な意見では日本人はアメリカ人に比べたらまだまだスリムで健康的だと
思うのですが(笑)、それでも「ヘルシーさ」にはこだわるんですね。
それはとても良いことです。

基本的に和食は洋食に比べてローカロリーだし、何より肉より魚をよく食べるのは
とても身体に良いみたいですね。
アメリカ人の友達も、もっとわたしたちの食生活を見習ったらいいのに(笑)。

味は薄口にして、どんな料理にでもチーズをたっぷりかけないで、もちろんサラダは
ドレッシングに浸からないようにして・・・。

あと、毎日コーラを飲むのも止めた方がいいんじゃないかと(笑)。
やっぱり食事中はお茶かお水ですよね。
それからコーヒーに4杯も5杯もお砂糖入れるのもやめるべき。

でもこれって、ヘルシー志向以前の問題ですよね(笑)。


このページの先頭へ